事務所理念

心を込めて寄り添い、皆様の人生をより良いものにするためのお手伝いをさせていただきたい

弁護士の役割とは何なのでしょうか。私たちの業界は今、大きな変化の時代を迎えており、弁護士1人1人がこのような問いに対する答えを真剣に考えております。

私は、弁護士の役割というのは、悩みや困っていることを解決することに尽きると考えております。
もっとも、問題の解決の仕方は1つとは限らず、「その問題とどのように関わり、どのような方法で解決するのか」というところにその弁護士の個性が表れるのだと思います。

では、当事務所は皆さまの抱える問題にどのように関わり、どのような方法を用いたいと考えているのか。

弁護士である以上、法律の知識や法的な思考を駆使し、交渉や行政手続、裁判所の手続を利用して問題や悩みの解決にあたるのは当然のことです。

私たちはここに、「心を込めて寄り添う」という姿勢を加えたいと考えております。

日常生活や社会生活の中で悩みや問題が生じたときに、一番ありがたいのは、「自分の悩みを理解し、自分のことを心から心配してくれる存在」なのではないかと思います。

もちろん、悩みや問題を解決することも重要なのですが、精神的な支えになってくれる存在がいることの方がより重要であることは少なくないのではないかと思います。
(弁護士である私自身、そのような存在がいてくれれば…、と思うことも多々あるくらいです。)

弁護士である以上、法律や法的な手続を利用して悩みや問題を解決することは当然として、それ以上に心を込めて寄り添うことを大切にすること。そして、当事務所を利用して頂けたことを、皆様の人生をより良いものにするためのきっかけとしていただくこと。

言うは易し、行うは難しかもしれませんが、この2つを高いレベルで提供することが当事務所が最も大切にしている理念です。